googleChome「安全な接続ではありません」が出る理由

Android版スマホChomeからの警告

出かけた喫茶店でインターネット検索をXperia-J1-Compact でしようとしたらこんな警告が出ました。

この接続ではプライバシーが保護されません

画像内容の引用

この接続ではプライバシーが保護されません
攻撃者がgoogle.co.jp上のあなたの情報(パスワード、メッセージ、クレジットカード情報など)を不正に取得しようとしている可能性があります。

ここで詳細設定ボタンを押すと、「何故この警告を出しているか」というのが出てきます。

画像内容の要約をすると「いつもと違う怪しいアクセスが君のスマホで常駐してますよ。悪意のあるユーザーがあなたのスマホで成りすまししてませんか?このままつなぐの危ないよ」という詳しい解説と、googleの仕様説明になってます。

原因はカフェのfreeWifi(公衆無線LAN)で接続してたためでした

この画面はesetスマートフォンセキュリティからの警告

パスワード入力がいらない、ワンタップでつながる公衆無線LANを使ってたんです。「無料のWifi使いたいなー」と思いまして。
しかし、公衆無線LANにつないだ結果、セキュリティソフトからは「この通信は危ないですよ!」警告と、googleのブラウザ、Chomeからも警告が出るはめに。

公衆無線LANにつなぐのをやめたら、esetセキュリティも、Chomeからの警告もなくなりました。

公衆無線LAN、フリーwi-fiスポットの危険性

無料だし!とつなぐのはいいのですが、考えてることみんな同じです。
すぐつながるWifiはみんなが使ってます。
あなたの知らない人とも通信を共有してます

パスワードの必要ない、みんなでワンタップで使える「公共性の高い無線通信」はその分セキュリティレベルも低い(暗号化されてない)です。
なので、そこらへんふまえて「ある程度」での利用をおすすめします。自分だけ使ってるわけではないのでもちろん、高速で使える保証はないです。それも理解して「ある程度」の目的で利用しましょう。

公衆無線LAN使ってないのにこの警告が出る!どうして?

理由その1 常駐アプリに不正通信してるのがあるとこの警告がでます。

同じサイトを見ているにもかかわらず、自分のスマホだけで出ていて、他の人のスマホでこの警告が出ない!
というのであれば、あなたの持ってるスマホで常駐してるアプリがあまりよくない動き方をしてる可能性があります。
対策としては、この警告が出始めた日から直近でアプリを何かインストールしてないか?をよくよく思い出してください。
思い出せたら、そのアプリアンインストールして、再起動してください。
節電アプリとか、ブルーライトカットアプリとか、スマートフォンクリーナーアプリとか、そういったものを消すと出なくなることもあります。


理由その2 NortonのSSL使ってる一部サイトがGoogle ChromeによるSSLサーバ証明書の警告/エラー表示で警告が出る

これはgoogleのchromeというブラウザが「https://~」などの「ここは安心なサイトです」という証明書(SSLサーバー証明書といいます)を「安全ではない」と判断するため出てることがあります。自分で持ってるスマホ・pc・タブレット、はたまた別の人のスマホのChomeから同じサイト見てもこの警告が出る場合「サイト作ってる側の問題」である可能性がありますので、対処しようないです。
また、この場合、「安全な接続ではありません」の今回の画像とは別のものが出ます。
通信が問題でないと容易にわかるようになっていますので見分けがつくと思います。

【FAQ】Google ChromeによるSSLサーバ証明書の警告/エラー表示と回避方法について - Norton
https://knowledge.symantec.com/jp/support/ssl-certificates-support/index
?vproductcat=V_C_S&vdomain=VERISIGN.JP&page=content&id=SO29553&locale=ja
_JP&redirected=true

【重要】シマンテック社SSLサーバー証明書に関する再発行対応について
2017年9月21日 さくらインターネット株式会社
https://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=1742


参考記事

他人事ではないスマホ乗っ取り – その確認方法と対処法
Nortonブログ
https://japan.norton.com/smartphone-cracking-8588